桜の名所 一心行の大桜

一心行の大桜



阿蘇ドットコムより

一心行の大桜は、熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある樹齢400年以上になるヤマザクラです。

樹高14mもあります。

昭和初期に落雷があって、そのため幹が6本に裂けたのですが、それによってドーム型に広がる美しい樹形になりました。

ただ、2004年の台風で2本の主幹が折れ、現在ではM字型の樹形になっています。

ニュース番組の夜桜中継で紹介されて、現在では毎年、20万人を越える花見客が押し寄せてきます。

この場所は、戦国時代にこの地の領主だった中村惟冬の墓所で、彼の妻子が、島津との戦いで死んだ彼とその家臣を追悼するために、1本の桜を植えたのが始まりです。

一心行とは、彼の妻子が一心に行をささげたという故事に由来するようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

お花の名所 目次

ピックアップ記事

弘前城

桜の名所 弘前城

ページ上部へ戻る