桜の名所 常寂光寺

常寂光寺の枝垂れ桜

京都 嵯峨野にある常寂光寺は、平安時代に藤原定家の山荘「時雨亭」があっといわれている場所で、嵯峨野を一望できる紅葉の名所ですね。

日蓮宗の大本山本圀寺の十六世日禎が隠棲の地として、この場所に移り住み、常寂光寺を開いたと伝わります。

紅葉の名所として名高い常寂光寺ですが、ヤマザクラの大木があります。

近くに、二尊院や天龍寺といった桜の名所もあり、嵐山の渡月橋にも近いことから、嵯峨野の桜の散策コースの中に組み込んでいただきたいお寺ですね。

写真提供 京都フリー写真素材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

お花の名所 目次

ページ上部へ戻る